先輩インタビューInterview

すべての人が納得して
「雇用できる」「働ける」ことを常に目標に。

さいたま支店長
Yoshikazu.M(入社:2007年)
Yoshikazu.M

入社のきっかけ

不動産関連の営業職から転職を考えていたとき、特にどの業界でやってみたいという明確なものはありませんでした。しかし転職活動中に、人材ビジネス関連の方と出会ったことがきっかけとなって「人材ビジネス」というジャンルに興味を持ち、その後にスーパーナースとめぐりあって入社しました。

Yoshikazu.M

仕事のやりがい

私は、たくさんの人と会って話すことにやりがいを感じています。
前職も人と知り合う機会は多いほうだったのですが、現在の「人材ビジネス」のほうが、より多くの人と関わるようになりました。看護師を採用したいお客様だけでなく、看護師として働くことを希望するスタッフさんともお会いする機会があるので、双方の希望がマッチしたときはとてもうれしいです。

Yoshikazu.M

自分の会社の利益はもちろんですが、お客様・スタッフさんなど、すべての人が幸せになるよう、心がけています。どこか1つのポジションだけが一人勝ちしている状態では関係性が崩れてしまいます。例えば、お客様だけの要望を満たすマッチングをした際は必ずスタッフさんに不満が募り、結果的に長期で働くことができず、お客様からも不満が出てきます。
お客様もスタッフさんもそれぞれの要望があり、そのお互いの要望の折り合いをつけていき、関わるすべての人が納得して「雇用できる」「働ける」ことを常に目標にしています。
また、そのような関係が生まれることによって双方から感謝されたときに、この仕事をやっていてよかったとあらためて感じます。

Yoshikazu.M

将来の目標

現在、さいたま支店長を任されていて、スタッフは4名います。支店長の立場としては、もっと支店の規模を大きくし、今まで以上に会社全体の売上に貢献できることを目標としています。そのためには、この業界のことをさらに調査し、課題の抽出から解決方法までを整理してKPIを設定し、支店の中で共通認識をもって目標達成に向かっていきたいです。

Yoshikazu.M